ブログトップ

CONFEITO BOX

カブキの童(こ)

歌舞伎の童(かぶきのこ)っていう本を読んだ。
中村獅童について書かれた本なんですが、もー一言、(すげー!!!)

萬屋(よろずや)という名門の血筋を持ちながらも、
歌舞伎の世界では全くの0からのスタート。親から伝わるものもない。
そういった境遇から、不屈の精神でオーディションを合格し、
映画「ピンポン」で一世間に存在を知らしめた。
(↑私自身、ピンポンは映画館に2度見に行った唯一の映画。)

その後の活躍も周知の通り。・・・でも、

それでも歌舞伎の世界ではまだ主役をはれるかどうかはわからないのだと。
その可能性は、未だ(ない)ほうが高いらしい。奇跡でも起こらない限り(!)

そういう世界なんだって。梨園とは。
それでもやっぱり原点をそこと決めて、返ろうとしている。
血筋、世襲という伝統に孤独に立ち向かう姿は、ほんとに応援したいと思えた☆

こういう秘めた情熱って素直に格好よいなぁ。

[PR]
by ys_cafe | 2006-01-27 00:16 | diary | Comments(0)

PROFILE…なかむらゆうこ(イラストレーター)  「子ども」や「人」を中心に、どこか懐かしかったりほっとしたり、ちょっと切なくなったりするようなイラストを描いています。